割引するのにも覚悟が必要/ichino tsubasa

割引を何%offにするか悩んでた時期があった、、、 

正確に言うと独立前の1年間と独立後の1年間の合わせて2年間、、、 その時はまったく気付かなかった!! 

この方法しか思いつかなかったし、これが一番早くて簡単だと思ってた!! 


お客様にアピールする方法を、、、

安さしかお客様にアピールすることしか知らなかったから‼︎ 


もちろん、、、 

カットが得意 

カラーが得意 

パーマが得意 

ストレートが得意 

メンズが得意


いろいろあったが、どこも同じで当たり前だろう、、、


ちなみにオープン当初はエアウェーブだった!! 

エアウェーブの機械を購入して、エアウェーブ推しサロンだった!! 


でも結局は割引に力を入れていた‼︎ 


安さをアピールすることしかできないサロンができること、、、 


それは、割引価格で勝負する差別化をはかること!!




何%offにしようかな? 


だいたい20%offくらいかな、、、 

じゃーうちは30%offでいいかな!! 


そしたら、カット4500円だから3150円だな!! 


次は、、、
カラーと組み合わせたクーポンつくろう!!

通常がカット+カラーで9500円だからそこから30%offして6650円で、、、 

中途半端だから6000円か7000円にしようかな!!

ほかのサロンのクーポン見て、、、 

これじゃ高いな!! 

ほかよりちょっと安くして5500円でいこう!! 


ん?ほかよりインパクトが弱いと感じ、カラー無料にして4500円の方じゃないか!! 

うん、そうしよう!! 


パーマも一緒にして、、 

カット+カラーorパーマ 

9500円→4500円 


おっ、ちょっと待てよ!! 

ほとんどのサロン、トリートメントが付いてるよ!! 

じゃ、+1000円でトリートメント付けよう!! 



最終的に、、、


カット 

4500円→3150円(20%off) 


カット+カラーorパーマ+トリートメント 

10500円→5500円(カラーorパーマ無料) 


こんな感じで宣伝していた。


これが1年目の展開だった、、、 

もちろん売上も全然伸びず、休みがなくなっていくだけだった‼︎


安さを売りにするのにも覚悟はいるし、技術を売りにするのにも覚悟はいる‼︎ 


安さという価値を捨てるのはすごく怖かったが

なぜ美容師になったかを今、一度
真剣に考えたら道は一つしかなかった、、、 


 

安さ以外の価値を手に入れたサロンは、2年目こんな風に変わっていった‼︎ 

 

クーポンから◯◯%offの文字は消えた.. 

そしてカラー無料の文字も消えた...

割引メニューがなくなった!!


そして、スタッフの店販の意識も変わっていった‼︎ 

商品をお客様にご紹介する際、僕はNGワードを決めている‼︎ 

最初は知ってもらいたい、、、、 


でも気がついたら、こんなことを言ってないだろうか? 


今〇〇%offなんで、、、 

だったり 

今だけなんで、、、

だったり 

これとこれとセットで今お得なんです、、、


もちろん使ってはいけないんではなく、この言葉に想いをのせてはいけないということ、、、


商品の本来の価値 

技術、本来の価値 


ここに最大の想いをのせるべきではないか、、、 


僕ら美容師は物売りではなく、技術者であって職人だ‼︎ 


お客様の髪を見て、触れて 

過去を受け止め 


心の声と言葉を聞きながら 

現在の想いを感じ 


最後はその人の幸せを願い 

未来へ繋げていく 


これがカットであり、聖域のサークルで 

過去現在未来を繋げている、、、 


これがカットであり、僕のステップボーンカットである‼︎ 


カットとはとても神秘的なことだということを全ての人に伝えたい。。。 


美容師本来の仕事に気付いてから安さという武器はなくなった、、、 

そして安さ以外の価値を伝えることを決意した。。  


イチノ ツバサ/KIMI TO BOKU

価格よりも「品質」 モノより「体験」 そんな21世紀的価値観を持つ あなたのために イチノツバサというクリエイターと出会い、繋がれる場所 「DAVINCI」

0コメント

  • 1000 / 1000